ポリアク系ローション

風俗店でよく使われるものに「ローション」というものが存在してきます。
この「ローションプレイ」を好んで風俗店に訪れる男性客も決して少なくはありません。

とはいえ、この「ローションプレイ」が終わった後の「ローション」というのは、なかなか落ちなくて洗い流すのも一苦労といわれています。
「ローション」が落としにくいのには、実は風俗店で使われている「ローション」に理由があるのです。

風俗店で支給される「ローション」の大半は、「ポリアク系ローション」というものになります。
ポリアクとは「ポリアクリル酸ナトリウム」」の略称となり、安価で大量生産でき値段も手頃なため、日本で最も普及しているタイプの「ローション」です。
この「ローション」の特性は、とにかく粘度が高く、ぬるぬるネバネバとした官能的なマットプレイなどに向いています。

また、水分を吸収し粘りを出す性質を持っているため、増粘剤として食品の添加物として使われているため口に入れても安全なのです。
価格も手頃で、大量に仕入れることもできることが風俗店でも普及した一因として考えられてもいます。
シャワーで落としにくい理由は、その特性でもあるとにかく粘度が高いことであり、「ローション」自体は水に溶ける性質を持っているのですが、増粘性が非常に強いためさっとシャワーで流したくらいでは肌にこびりついて全く落ちないのです。
ですので、女の子にとってはこの「ローションプレイ」は慣れるまで苦労するとまでいわれているのです。



※外部リンク
五反田・渋谷エリアの高収入風俗求人情報です → 風俗 高収入

Copyright © 2014 風俗店で使われるローションについて All Rights Reserved.